SCROLL

消臭効果

エッセンシャルオイルによる消臭は、匂いを香りでごまかすマスキングとは異なります。カビの繁殖を抑え
ることで匂いの原因を解消しながら、天然の香りが微かに広がるため不快指数が大幅に改善します。
また嫌な匂いが感知しにくくなる中和もエッセンシャルオイルによる消臭アプローチの1つです。

改善できる匂い、できない匂い

エッセンシャルオイルによる消臭は万能ではありません。薬剤や排気ガスなど、化学的な匂いにはあまり効果的とは言えません。

その一方、カビ臭さ、汗の匂いなど有機物からの匂いを効果的に消臭することができます。オゾン、次亜塩素酸など様々な消臭対策でも効果が得られず、エッセンシャルオイルによる消臭で解決できたという事例は数多くあります。

改善できる匂い、できない匂い

カビや雑菌の繁殖を抑える

温浴施設やスポーツジムなどの匂いは、床や壁などに繁殖しているカビや雑菌からの匂いであることが多く、空気清浄機を使っていても、常に匂いが発せられるため根本的な解決になりません。

COMMONSは抗菌性に優れたエッセンシャルオイルを微粒子として空間の隅々まで噴霧することで、カビや雑菌の繁殖を抑えていきます。匂いの原因が抑えられると共に、ほのかな植物の香りが広がるため、心地よい空間をつくることが可能です。

カビや雑菌の繁殖を抑える

中和とマスキングとの違い

アンモニアや二酸化硫黄などの悪臭と化学反応することで、高い消臭効果を発揮するエッセンシャルオイルがあります。これらの化学反応に加え、空間の匂いを感知しにくくし、心地よさを生み出すためのエッセンシャルオイルをバランス良くブレンドすることが中和による消臭の重要なポイントです。匂いの原因や種類は様々なので、エッセンシャルオイルによる消臭は知識と経験がなくてはできません。

強い香料を使ったマスキングでは、匂いも分りにくくなりますが、香料の香りが強すぎるため不快指数は悪い状態のままです。エッセンシャルオイルによる中和は、匂いが分りにくくなり、自然な植物の香りがほのかに漂うことで心地よさが生まれ、不快指数が大幅に改善します。

中和とマスキングとの違い

導入メリット一覧へ戻る

信頼感を生み出す

エッセンシャルオイルによる消臭をするためには、粒子を均等に広範囲に拡げる必要があります。COMMONSの業務用アロマディフューザーは独自のナノ化噴霧技術により、広範囲・低コストで心地よいエッセンシャルオイル消臭を実現することができます。商業空間における解決できない匂いの課題は、ぜひCOMMONSにご相談ください。

お問い合わせ TEL:043-301-3312 (月~金 9:00~17:00 祝日を除く) E-mail:info@common-s.net

お問い合わせフォーム